1日2000カロリー摂っても太らない方法〜基礎代謝をあげる!〜




KUMAKO
はい、こんにちは、楽しく生きているKUMAKOです!
ハシビロコウ先輩
最近、寒くなってきたのでコタツから出たくない鳥、ハシビロコウ先輩です!

さて、今日は「1日2000キロカロリー摂っても太らない方法」ということでブログを書いていきたいと思います~!パチパチパチパチ

ダイエットって色々な情報があるので、迷ってしまう人も多いと思うのですが、私は健康的に美味しく食べて美しくいるというのをモットーにしております。(ドヤ!)

ハシビロコウ先輩
ドヤ顔やめろ

ということで、今日は1日2000キロカロリー摂っても太らない方法、基礎代謝をガンガンにあげる方法について紹介していきたいと思います!

『美人の食卓は1日2000キロカロリー』

最近、下記の書籍を読んだのですが、女性は1日2000キロカロリー摂取して、健康的に美しくなろう!という内容でした。

食生活迷子の方などに、ぜひ書籍を読んでみてほしいと思います。

書籍によると、働く女性1000人の食生活のアンケートなどから、下記のようなことが分かったとか。

  • 1日の摂取カロリーが戦前と同じ
  • 1日の摂取カロリーが70代女性の必須カロリーと同じ
  • たんぱく質、亜鉛、ビタミンなどほとんどの栄養素が不足

だいたい皆さん1日に1500キロカロリーも摂っていないらしいです。

「それで体重キープできているんだからいいでしょう!」という声が聞こえてきそうで、確かにその生活を一生続けられて、足りない栄養素も(1500キロカロリーだと食材かなり厳選しないと栄養素は普通足りない)サプリなどで補えていればOKなのかな、と思います。

ただ、そこから痩せようとした時、さらにカロリーを減らさなければ痩せなくなってしまいます。

また、1500キロカロリーで体重キープということは、体の代謝はかなり低下しています。なので、冷え性だったり痩せにくかったりするはずです。

まぁ、食べるものを制限された体は生きていくために代謝を低下させたり、「食べろ~!」と生きるために食欲を刺激してくるのは、ちょっと考えれば当たり前ですよね。

なので、個人的にはもう少し食べたほうが食欲が変に爆発しないし、栄養素が足りて、肌も髪もツヤツヤしてくるし、体調もよくなるし、痩せやすくなるのでおすすめですね。

1300キロカロリーに抑えても痩せなくなっちゃった

そういう私も、60キロから54キロまで痩せた後、さらに痩せようとカロリーを制限していた時期がありました。

上記の記事でも書いているのですが、だいたい1日1700キロカロリーに制限して6キロ痩せたんですよね。それで、ガンガンと右肩下がりに痩せておりました。

ただ、BMIでいうと21を切るか切らないかあたりから、格段に減りにくくなって、でもさらに痩せたくて、どんどんカロリーを制限していたんです。

そうしたら、1300キロカロリーに制限しても体重が減らなくなってしまい、「これは、代謝がかなり低下していてやばい」と思い、カロリーを戻す作業に入りました。

また、「自分がどんな体型になりたいか?」を考えたときに、華奢になりたいのではなく、女性らしいヘルシーメリハリボディーになりたいことにも気がついたので(笑)、体重を減らすのをやめました。

それから、食事改革をして、筋トレもさらに真剣にやり始めたら、最近は、1日2000キロカロリーで体重キープできるようになったのです。

160センチ54キロなので、痩せてはないですが、いたって標準の体型かな、と私は思っています。もう少し絞りたいと思う時がきたら、1700キロカロリー程度に抑えればまた痩せていくかな、という体感です。

代謝を上げて痩せやすい体を作る2つのポイント

さて、私がどうやって代謝を上げて、1日2000キロカロリー食べても太らない体になったかというと、食事・運動を変えました!

と、言っても「食事・運動を変えるって、当たり前じゃね?」という感じですが、やっぱり、この2つを変えるしかないんですよね。

ということで、どんな風に食事と運動を変えたかを紹介していきます~!

食事は『質』が超大切!

食事ってめちゃ大切ですが、食事迷子になっている人も多いように感じます。

私も本当に長年、「どういう食事がいいのだろう?」と悩み続けてきました。

健康診断で、「貧血気味なのでレバー食べましょう」と言われて「レバーなんて毎日食べられないんだけど」と思ったり(笑)

色々試行錯誤をした結果、ベースの食事は試行錯誤して、なるべくいい食材を選ぶようにしつつも、どうしても足りない栄養素はプロテインやサプリで補うという今の形に落ち着きました。

上記のような食事をしているのですが、やっぱり大切なのは食事の質!ですね。

もちろん、PFCバランス(たんぱく質、脂質、炭水化物のバランス)を最適なものに保つのと、1日350gの野菜を取ることは基本としつつ、それぞれの食事の質を変えていくという方法です。

例えば、同じ脂質でも、クッキーやウインナーで取るのではなく、お刺身とかアボカドで取る、炭水化物もパンや白米ではなく、全粒粉パンや玄米、もち麦を取り入れるといった感じですね。

我が家も最近、玄米を購入しました。ドライカレーで食べたり、焼きおむすびを作ったり工夫して食べてますよ。しかし、白米もやめられませんが(笑)

炭水化物であれば、低GIも意識しているので、ジャスミン米とか蕎麦もよく食べてますね~。やっぱり主食を変えるとインパクト大きいです。

こういった食事の方法は、下記のような書籍を参考にしております。

もちろん、もっとストイックな食生活を推奨している書籍などもあるし、これからまだまだ改善していく予定ですが、できないことはできないんでね(笑)

できる範囲で健康的な食事を心がけていて、週に1回くらいは焼肉も食べるしといった感じです。日々の食事もかなり「作り置き」で楽してます。

食生活を変えてから、本当に食への執着もなくなったし、スイーツを食べたいという気持ちもなくなりましたね。以前は、毎日、何かしらスイーツを食べていた時期もあったんですが(笑)

今は、お腹空いたら、ヨーグルトに冷凍ブルーベリを混ぜて、オリゴ糖ぶっかけて食べてますよ!

運動は『筋トレ』がやっぱりおすすめ

姿勢改善とか有酸素運動もやるべきだとは思うのですが、やっぱり筋トレが断然おすすめです。

あらゆる病気のリスクを23%下げて、筋トレをしている際に活性化される物質が「若さにも実は効果的なのでは?」ということなどが明らかになってきているので、やっぱりやってもらいたいですね。

筋トレをすると、ストレッチを定期的にするようになるし、また、姿勢も改善しますしね(背中の筋肉がつくと姿勢を保ちやすくなるので)

また、筋トレで代謝は確実に上がるので、太りにくい体になるというのは、私自身感じることではあります。

ただ、ですね、筋トレで筋肉をつけるためには、

  • ある程度の負荷をかけること(目安は筋肉痛など)
  • 食事をしっかり行うこと
  • 継続的に行うこと
  • 睡眠をしっかり取ること

など、いろいろなことが求められるわけで、結構大変なんですよね・・・。

いきなり全てやるのは難しいので、まずは、腕立て伏せ1回とかスクワット1回とかでもいいので、生活に取り入れてみることをおすすめします。

30代になると筋肉は毎年1%ずつ減るらしいので、、、。90歳で元気に筋トレしているタキミカさんを目指して私も頑張っています。

私の筋トレメニューは下記の記事に書いています。

体のパーツを3分割に分けて筋トレをしていましたが、最近は2分割に戻してみました~!その話はまた後日まとめたいと思います!

まとめ

ということで、1日2000キロカロリーでも太らない体を作るためには、食事の質をあげることと筋トレを行うことが大切、というお話でした~!

筋トレって正直、ハードル高いですよね。私もそれは分かるのですが、本当に筋トレって素晴らしいと思うからつい薦めたくなってしまうんですよね。

もちろん、有酸素運動も健康にはいいんですけどね。「代謝をあげる」となると、やっぱり筋肉をつけることから逃げられないというか。。うん、ぜひぜひチャレンジしてもらいたいですね。

女性トレーニーのリカさんの話を聞くと、もっと筋トレの良さを色々実感できるかと思います。

それでは、また~!


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!