KUMAKOのプロフィール

プロフィールの詳細に来ていただいてありがとうございます!

KUMAKOって何している人なの?とふと疑問に思った人はぜひ覗いてやってくださいまし。

 

何している人?

 

 

プロフィール記事写真

 

少し収入のあるニートです。あ、お洒落に言うと、専業主婦です。

10年勤めた会社を2016年に辞めて、細々とライターのようなことをしています。

基本的にはクラウドソーシングで仕事をしていて、月5万円程度稼げればいいかなって生活です。

書くことが好きなので、いずれは書くことで生計を立てていきたいと思っています。

 

そんなに金銭的に切羽詰まっていないのは、旦那さんが稼いでくれるから&数年ボケ―ッとできる貯金があるから。稼いでくれる旦那さんとコツコツ貯金してきた過去の自分に感謝ですね。

 

ブログを始めたきっかけ

ブログを始めたきっかけは、自由に文章を書きたかったからと自分の自己紹介ができるようなブログを作成したいなと思ったから。

クラウドソーシングの仕事で記事を書くのも面白いんですが、「もっとこんな記事が書いてみたい!」とつい思ってしまうので、その気持ちをブログにぶつけています。

あとは、自分ができることをこのブログに集結させて、何か仕事が来ればいいなって気持ちもあります。ゲヘヘ。

 

人生ダイジェスト

KUMAKOの人生についてつらつら語ってみたいと思います。(え?誰も興味ないって?)

 

ADHD(?)な幼少期

私の記憶はほぼ小学校低学年から始まっているんですが、現代だったら何か病名が付いていたかもしれません(笑)

だって、

・テストの時に問題を解かず、答案用紙に色塗りをする

・男子に交じって教室で紙飛行機をして立たされる

・女子で一人だけリボン結びできない

・女子で一人だけテスト赤点(ちゃんと解いても)

こんな子でしたから。落ち着きがないとか、空気読めない行動は日常茶飯事でしたよ。

でも、そんな私もそこそこの大学を出て、一流企業に就職できたので、幼少期ヤバくてもなんとかなるっしょくらいに思ってます。

 

普通になろうと頑張った小・中学生の頃

小学校や中学校入りたての時は、正直人間関係を構築するのがとても苦手でした。人とどのくらいの距離を保って、どう付き合えばいいのか分かりませんでした。

でも、親や学校からの強制力(?)により、徐々に普通が分かってきた私。

卓球部に入部して副キャプテンになったり、成績も上がったこともあり、世間で言うしっかりした子の地位を確立していったのでした。

勉強も200人以上いる生徒の中で常に20番以内、スポーツも得意な、今思えば中々すごい子だったかもしれません。

でも、

・テストの時に問題を解かず、答案用紙に色塗りをする

のような個性は失ってしまいました。この部分を伸ばしていたら、逆に何か天才的な才能を発揮していたんじゃない?と時々妄想したりします(笑)

 

強迫性障害だった高校生

高校生になってから、最初の1年くらいは楽しく過ごしていました。

しかし、失恋をしたり、受験が近づいたりする中で、強迫性障害のような症状が出てしまいました。詳細は書けるようなことではないので省きます。

しかし、病院にこそ行っていませんが、今であれば病名が付いたと思われます。

高校時には2度も胃炎になり、よく病院に行っていました。中々自分の気持ちをコントロールできなかった時期でした。

親が大学には絶対いけという考えだったのですが、「何のために大学に行くんだろう?」という気持ちでした。

この頃両親の不仲も悪化していたし、弟も障害を持っているので、漠然とした将来への不安をいつも抱えていました。

 

好きなことが分からない人生

高校時に勉強に身が入らず、大学は六大学の中の法学部法学科へ入学(法律ならつぶしがきくと思ったから)。

大学では、就職に有利と思われる部活に入って、ただただつらい思いをする。就活はとにかく長く働けて、お給料がいいところを狙う。

 

そんな感じで、後から振り返れば、自分の好きなことや自分の心を無視した選択をひたすらしていました。親を喜ばせることとか、世間から認められることを重視して生きていましたね

 

なんか生き辛いな

 

昨年仕事を辞めるまで、ずっとそう思いながら生きてきました。

仕事も辛くて辞めたくて、悩みに悩んで、自己啓発本をたくさん読んでいました。そして、その自己啓発本を鵜呑みにして、自分を責めて責めて、うつ病になったり手術したりしました。

そんな状況なのに会社を辞める決意が付かず、10年も働いてしまいました・・・。

 

やっと自分の人生が始まったのかも

仕事を辞める時、「親から何を言われるかな」と言うことをまだ気にしていました。私が付いた仕事は世間的に認められているため、就職した時に親も喜んでくれたからです。

 

でも、「会社辞める」って伝えた時の反応は、

「ふーん」でした。

 

ふーん

 

その反応を聞いた時、色々なものから解放された気がしました。

 

・弟は障害を持っているから私がちゃんとしなくちゃ

・両親の自慢の娘にならなくちゃ

・自分の面倒は自分で見なくちゃ

 

とか、色々ガチガチに思い込んでいた何かがフっと解けたのです。なんだか、自分の人生がやっと始まったのか、という気がしました。

 

人生ダイジェスト長くなっちゃいましたね。ここまで読んでくださった方ありがとうございます!

 

趣味など

趣味は、登山とおいしいものを食べること。動物と自然が大好きです。

特に1度行ったアラスカのデナリを愛しています。写真を撮るのも好きで、好きな写真家は星野道夫さんです。

 

猫と犬も愛しています。いつかペット可のマンションで動物に囲まれてみたいです。

小さい頃から習っていたピアノもまた始めました。

 

ブログの登場人(?)物

 

作:KUMAKO

オスかメスがいまだにわからない、ベールに包まれたミステリアスな存在のハシビロコウ先輩

野生でも動物園でも常に人気者であるがゆえに、自己肯定感が高く、自分は特別な存在だと認識している。

ブログでは、時に厳しいツッコミを入れてくるが、実は愛情が深いからこその発言であることも多い。

ハシビロコウ先輩
このブログはKUMAKOが書いてるんやない。ワイが裏から操って書かせてるんや。

 

いろいろ書いていきます

このブログは本当に雑記ブログという感じで、私の人生論から旅行体験まで色々書いていきたいと思います。

疲れている人が癒されるようなブログになったらいいなぁと思っています。ぜひよろしくお願いいたします!