「引き寄せの法則」のやり方間違えてた!行動するのが大切なんでした




スピリチュアル大好きKUMAKOです。

ハシビロコウ先輩
すでにワイがスピリチュアルな存在。ハシビロコウ先輩です。

 

引き寄せの法則のやり方・行動が大切

『お〜い!グランドピアノくれ〜い』と叫んでみようか(撮影:KUMAKO)

 

最近、脳科学や心理学系の書籍にハマっていたのですが、久しぶりに「引き寄せの法則」関連のスピリチュアル本を読んでみたんです。

 

そうしたら、私は色々な勘違いをしていたことが判明しました。

 

私の勘違いは下記の2つ。

  1. ただ願ったり妄想するだけでなく行動に移すことが大切だった
  2. 「現状維持システム」が働いているだけの心地よいを勘違いしていた

 

という訳で、いまいちど理想の生活や欲しい物を引き寄せるために「引き寄せの法則」の大切な部分を復習していきたいと思います!

 

超基本:まずは感情が大切

行動ウンヌンカンヌンの前に、感情が整っていることが大前提となります。

 

以前「行動しても結果が出ないのはマインドが整っていないから」という記事を書きましたが、「引き寄せの法則」からしたらこれは当たり前ですよね。

 

行動しても結果が出ないのはマインドが整っていないから!

2018.02.21

 

だって、「引き寄せの法則」の大原則は、人が発している感情と同じものを引き寄せるってものだから。

 

焦ったり不安だったりの感情をともなって行動しても、「焦る」「不安な」状況をどんどんと引き寄せていくだけですからね。どんなに行動してもなかなかいい結果を得られないはずです。

 

大切なのは、自分の感情が喜ぶことをすること。たとえ、その行動や行為が未来につながろうがつながらなかろうが関係ありません。

 

常に「自分の感情を見つめる・大切にする」「自分がやりたいことをなるべくやる」ってことが、いい感情を発していい出来事を引き寄せ続けるコツの一つです。

 

「引き寄せの法則」の書籍には、「ワクワクすることをやろう!」とよく書かれていますしね。

 

感情は死にました

と、言っても。

 

世の中には「私の感情死んでます」って人もいますよね?以前の私は、まさしく感情が死んでいたんですけれども。

 

ワクワクってなんやねん!?

 

とツッコミを入れたい方も多いはずです。(笑)

 

「引き寄せの法則」のためには、最初から難易度の高いワクワクを求めなくてOKです。

トキメキやワクワクを感じるのは難易度が高いと思います。心が解放されている状態で、好きなことに熱中するなどしないと味わえない感情ですよね。

 

なので、「ホッとする」「嫌いじゃない」「安心する」「リラックスできる」「気分がいい」「ほう、悪くない(リヴァイ兵長)」くらいの感情を目指せば大丈夫です。

 

少しずついい感情を発する時間が長くなることで、いい感情に見合ったいい出来事を引き寄せられるようになります

 

行動に移すことを考えよう

心を整えたあとは、行動に移すってことが大切なんですよね。

 

私はここを勘違いしていたように思います。「毎日妄想すれば引き寄せられるかな~」とか考えていた気がします。

 

 

もちろん、適度に頭の中をお花畑にして「こうなったらいいな~」「ああなったらいいな~」と考えることは大切です。

 

そうじゃなきゃ「いや、私は~だから本当はコレやりたいけど無理」「私は他にできることないから今の仕事を続けるの」みたいに、現実ばかりを見て理想を引き寄せられないことになりかねません。

 

アレコレ考えずに自分の理想「こうなったら最高!」を徹底的に考えてみることは大切なのです。

 

ただ、理想を徹底的に考えたあとは、今できることを探して行動するのが「引き寄せの法則」の超重要ポイントになります。

 

「行動しちゃったら引き寄せじゃないでしょ。普通の努力でしょ。」と思う方もいるかもしれませんが、「こうなったら最高!」を叶えるための行動は楽しくて仕方がないはずです。

 

理想に向かっていく行動がつらくて努力に感じるのであれば、そもそも最初に考えた理想を見直した方がいいかもしれません。

 

私は例えば、「グランドピアノが欲しい!」と思っています。

 

今はマンションに住んでいるからピアノは置けないし、実家にアップライトピアノがあるからそっちを引き取らなくちゃ?などとも思いましたが、理想においては遠慮する必要はありません。

 

グランドピアノがある部屋を思い浮かべるとワクワクしてくるのです。「引き寄せの法則」から考えれば、いい感情がともなっているので、いい出来事が引き寄せられそうです。

 

でも、妄想だけでなくもっとできることがあることにも気がつきました。

 

 

実際にグランドピアノが置いてある楽器店に行って弾いてみて、説明を受けたり値段を聞いたりすることはできますよね。

 

グランドピアノがある人の家に訪問して、「家にグランドピアノがあるのはこんな感じか~」と想像をより具体的にしてみるってのもいいですね。

 

どっちもグランドピアノが欲しい私としては、ワクワクする行動です。

 

そう、やりたいこと(理想や夢)があるならば、妄想するだけでなく、今からやれることやっちゃえよ!ってことなのです。

 

「海外で暮らしたい」という夢があれば、まずは「暮らしてみたい場所に行ってみる、旅行してみる」。

 

お金がないから旅行も行けないというのであれば「動画を探してみる」「ガイドブックを買ってみる」「住みたい場所に住んでいる人のブログを探してみる」などいくらでもできることはあるわけです。

 

本当に海外に暮らしたいのであれば、動画を見たりガイドブックを読んでみたりするだけでもワクワクしてくるはず。

 

そんないい感情を持つことができればこっちのもん。徐々にいい出来事が引き寄せられるようになってきます。

 

現状維持システムを突破せよ!?

「引き寄せの法則」の中で注意しなくちゃいけないのは、人には「現状維持システム」があるということです。

 

「週に1回贅沢な場所で外食できるようになりたい!」という理想のもと、お金をためて高級レストランでご飯を食べてみたけれど、「なんとなく落ち着かない。やっぱり私はコンビニご飯が1番ね」などと思わないようにってこと。(笑)

 

人はいつもと違う行動に不安を感じる生き物です。

 

今のままでも生きていけるのに、違う行動をしようとすると「オイオイ、このままでも生きていけるのに何してんだよ!?大丈夫か?」と心配してくれるシステムが備わっています。(笑)

 

なので、普段やらないことをしたりや行かない場所に行ったりする時に、落ち着かなかったり緊張したりするのは当然なのです

 

それを「落ち着かないから私には合ってない」「緊張するからやらない」「面倒くさいからやらない」と片付けないように。

 

「現状維持システム」を少しずつ突き破って、理想に近づいていくことが大切なのです。

 

私の場合だと、理想の未来に「YouTubeかインスタでピアノライブやってて、企業さんなどがスポンサーになってくれて仕事として成立している」ってのがあります。

 

それが理想のひとつあれば、「今からでもインスタライブやればいいじゃん」って話ですよね。

 

でも、自分のピアノ技術に自信もないのに人前で弾くのは緊張します。

そうすると、「もっと上手くなってから」「緊張するからやっぱりやめよう」「理想の設定間違えたかな?」などやらない言い訳・逃げる言い訳がいくらでも出てくるわけです。

 

でも、やったことないことに不安を感じるのは当然のこと。「今は尻込みする状況ではない」と思い直して、一歩踏み出してみることが大切なのです。最初は慣れないかもしれませんが、徐々に慣れてきます。

 

毎月緊張や不安を抱えながらでもインスタライブを頑張って続けていけば、インスタライブが日常になっているでしょうからね。そうなればもう、ほぼ夢は叶ったようなもの

 

ハシビロコウ先輩
本当だ。たとえ下手くそでも、インスタライブを楽しんでやれているなら夢叶ってるようなもんやん!

(下手くそは余計!・・・図星だけど!)

 

こんな話をすると「引き寄せの法則って泥臭くない!?」って思うかもしれませんね。うん、「引き寄せの法則」って決してラク~な法則ではないと私は思います。

 

頭の中お花畑でいられるのは、「こうなったら最高!」の理想を思い浮かべる時だけ。あとは、コツコツと理想に向かってできることを探して行動します。

 

普段と違う行動で緊張したり面倒くさくなったりするかもしれないけど、やるんですよ。行動するんです。心が疲れたら時に休んで、また行動するんです。

 

それが、「引き寄せの法則」なのです。(笑)

 

ハシビロコウ先輩
理想の未来を引き寄せるプロセスは『楽しい』けど、『ラク』ではないんだな。

(家でゴロゴロ妄想してればなんでも叶うってことはないよね、やっぱり。)

 

まとめ・引き寄せの法則は面白いね!

引き寄せの法則は奥が深いというか、面白いですよね。

結局は行動するのが大切なんですよね。そして、少しずつ挑戦していくことが大切なんです。

疲れているときは、しっかり心も体も休めてね。

今回、記事を書くきっかけとなった、久しぶりに読んだ「引き寄せの法則」の本はコチラです。

よかったら読んでみてくださいね!

 

ハシビロコウ先輩
魚の妄想をコタツでずっとしてても引き寄せられないから、魚のいる川でも探しに行くか!

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!