物事が続かない!と悩む人は、「1.01」と「0.09」の法則を思い出してみるといいかも。



スポンサーリンク

物事が続かないことによく悩んでいたKUMAKOです!

 

物事が続かない悩みには0.01と0.09の法則を思い出してみよう

その小さな一歩が君を頂上に連れて行くんだよ(撮影:KUMAKO’旦那)

 

私は以前から英会話や筋トレを続けたいと思っていましたが、始めては辞め、始めては辞めをずっと繰り返してきました。

 

英語や筋トレって1週間くらい続けたとしても、目に見える効果って全然なくて、モチベーションがなかなか続かないんですよね。

 

ここ最近やっと筋トレが習慣化してきましたが、目に見えて筋肉がついてきたと感じたのは、筋トレを始めて1年が過ぎたあたり。

 

女性だから筋肉がつきにくいというのもありますが、よく効果を感じない中続けてこれたなって思います。

 

私は最近、物事をサボりそうになったときには「1.01」と「0.09」の法則を思い出して、物事を継続するモチベーションに変えているので、今日はこの法則についてお話しします。

 

物事が続かないと悩んでいる人は、物事を続けるきっかけになるかもしれないので、ぜひ読んでいってくださいね!

 

「1.01」と「0.09」の法則とは?

楽天の三木谷社長が執筆した書籍『成功のコンセプト』に記載がある深イイ言葉で、2013年くらいに話題になっていたようです。

 

話題になっていたのかな?私は最近知りましたが・・・。(笑)

 

2013年当時は、私がこの言葉に刺激を受けられるレベルでもなかったのかもしれません。

 

ハシビロコウ先輩
言葉は聞く時期によって違う意味を持つことが多々あるからな

 

さて、「1.01」と「0.09」の法則とは、

  • 1.01を365回かけると約38に
  • 0,09を365回かけると約0.03に 

 

なるという法則のこと。

 

(ツイートちょっと日本語間違えたw。)

 

まぁ細かい計算式は置いといて、つまり言いたいこととしては、

 

日々の積み重ねが将来大きな差を生むよ

 

ってこと。

 

1が昨日と同じ自分だとしたら、昨日より0.01頑張った今日(1.01)を積み重ねていくことで、1年後には38倍もの成果を生み出している。

昨日より0.01サボった今日(0.09)を積み重ねていくことで、1年後には現状維持すらできずに退化していく。

ということを数字で表したものなのです。

 

気がついたら大きな差がついている

気がついたら誰かと大きな差がついていてショックを受けたことはありませんか?ちょっと私の経験をお話ししたいと思います・・・。

 

私は以前、入社してすぐに英語のトイック試験を受けて400点前後だったことに衝撃を受け、「このままじゃあかん!」と、英語の勉強にモチベーションを燃やしていました。

 

でも、英語の勉強をなかなか長期に続けることができず、勉強を始めては辞め、始めては辞め、を繰り返していたのです。

 

英語の勉強がうまく続かないまま数年経ったある日、同期の男の子から「実は留学に行くんだ」という報告を受けました。

 

その同期の男の子は、入社した当時のトイック試験は同じ400点代で、一緒に「英語全然できないよね~」と笑っていた仲間だったので、とてもびっくりしました。

 

よくよく聞いてみると、同期の男の子は数年間コツコツ英語の勉強を続け、トイックテストも800点まで取れるようになったとのこと。

 

まぁ正直、頭が真っ白になりました。

 

自分ってこの数年間何をしてきたんだっけ?とか思っちゃいましたよね。

 

私が、飲み会とかで楽しんでいる時間や「あ~疲れた」と言いながらゴロゴロしていた時間、少しでも英語の勉強を続けていたら、トイックで800点取れたかもしれない。

 

私が留学していたかもしれない!

 

その時の感情はうまく説明できませんが、自分だけが置いていかれる感覚というか、焦燥感というか、悔しさなどもあって、何とも言えない気持ちになりました。

 

私は、もうこんな気持ちを味わいたくない、って思っています。

 

ハシビロコウ先輩
「今日くらいサボっていいや」が暴力的な差を生んだ訳だ

 

毎日少しずつ成長できればいい

「1.01」と「0.09」の法則のいいところは、前日より0.01でも頑張れていればOKってところですよね。

 

物事が続かないひとつの原因として、最初からストイックに飛ばしすぎるってこともあるので、少しずつの頑張りでいいというメッセージは、物事を続けやすくしてくれます。

 

最近、私はオンライン英会話を始めたのですが、サボりそうになると「1.01」と「0.09」の法則を思い出して、

「準備ができてないとか疲れているとか言い訳は色々できるけど、とりあえずやろう」とモチベーションに変えています。

 

「今日やってもサボっても大して英語上達に差はないし」とふと思ったりもするけど、今日の小さな0.01の頑張りが大切と分かっていれば、サボれなくなってくるんです。

 

まぁ、オンライン英会話をやっていても、毎日成長している実感なんてこれっぽちもありませんからね

 

ただ、これまでの経験などでコツコツ積み重ねて行くことが暴力的な将来の差を生むことを知っているから、

続けないことで、将来の自分がガッカリしたり落ち込んだりすることがわかっているから。

 

昨日の自分より「0.01」くらいなら頑張れるかな?

とモチベーションに変えられているのだと思います。

 

まとめ

「1.01」と「0.09」の法則に関しては、「掛け算じゃなくて足し算じゃないの?」などという指摘もありましたが(笑)、そんなことはどうでもいいことですよね。

たぶん、日々コツコツ続けることが未来に大きな差を生むということは、これまでの人生で実感している人が多いと思います。

「1.01」と「0.09」の法則として数字にすることで、より具体的にダイレクトに続ける効果を表しているだけです。

物事がなかなか続かないという人は、「1.01」と「0.09」の法則を思い出してみると、「今日は昨日より0.01だけでも頑張るか」と思えるかもしれませんよ。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!