「ブログが続かない!」の理由とブログを続けるコツを実体験から考えてみた



スポンサーリンク

気が付いたらブログの運営も7か月が過ぎていましたKUMAKOです。

 

ブログが続かない理由と続けるコツ

木登り続かない(撮影:KUMAKO)

 

すごく淡々とここまで続けてきたのですが、ブログを始めて3か月目くらいまでは、あまりのアクセスのなさと反応のなさに

「もうブログやめたわ!」と思ったこともありました。(笑)

 

ブログを運営している人は、サーバー代やドメイン代などお金を払ったり、忙しいのに時間を見つけて一生懸命更新したりしていますよね。

 

それなのに、

時間もお金も費やして頑張っているのに、何の成果も感じられない・・・!

となれば辞めたくなるのは当然ですよね。

 

ということで、今日はそんな人に向けて、「ブログが続かない!」理由とブログを続けるコツについて、実体験を基に記事を書いてみました。

 

ブログが続かない理由とは?

アクセスが少ない

ブログが続かない理由で1番多いのは、アクセスが少ないということではないでしょうか?

 

私もブログを始めた当初は、1日のアクセス3PVなんてことも多々あって、

「旦那と友達2人が見てくれたんだな」と知り合い以外ほぼ誰にも読まれないブログを運営していました。

 

時々1日10PVくらいになって喜んでいたら、旦那さんが「あ、今日俺何回かブログ見たよ」などと言ってきて、

「10PVはお前か~!妻のブログをそんなに読んでどうする!」と何とも言えない気持ちになったりしたことも。(笑)

 

そして、ブログを始めて7か月も経過しているけど、未だにたいしたアクセスはありません。

「私も最初は誰からも読まれてなかったけど、続けていたら30万PVになりました!」

「そりゃ、今30万PVなら楽しく続けられるでしょうよ。」

ということは一切なく、たいしたアクセスがないまま楽しくブログを続けているのです!(エッヘン!)

 

ハシビロコウ先輩
それって自慢すること?

 

【初心者】ワードプレスでブログ開始して半年!アクセス少しずつ増えてきたって話

2018.05.15

 

収益が少ない

収益目当てでブログを運営している人は、なかなか収益が生まれないとガッカリして

「ブログやめちゃおうかな」と思うかもしれません。

 

「アフィリエイト1日30分で月30万円!」のような言葉が横行しているから、ブログは簡単に稼げると考える人も未だに多いのでしょうかね。

 

私がブログを続けてきて思うのは、

「コツコツ続けていれば収益は増えていくけど、10万円以上稼ぐためにはかなりの知識と継続が必要」

で、他の仕事と同じでブログだけ簡単に稼げる訳ではないということ。

 

本当にお金だけが目当てで、実は文章を書くことが好きではないのであれば、他の稼ぐ方法を考えた方がいいと思います。

 

何を書いていいのか分からない

アクセスが少ない日々を過ごすと、「人から読まれる記事を書かなくちゃ」という気持ちが大きくなって、

キーワードやSEOにこだわりすぎてしまったり、需要がないからと自分の書きたいことを書けなかったり、

「もう何を書いていいのか分からない!」と頭がパンクしてしまうこともありますよね。

 

アクセスが多い人のブログを読んで、「こういう記事を書けばいいのか?」と思いつつも、なんだかしっくりこないとかね。

 

「〇字以上書かないといけない」とか「1日1記事以上書かないといけない」という制約も、「何を書いていいか分からない」に拍車をかけます。

 

ブログなんて、もっとリラックスして楽しんでもいいのに、自分で自分を追い詰めちゃって「何を書けばいいかわからない!」と悩んじゃっているわけです。

 

ここまでのまとめ

「ブログが続かない」の3大理由は、

  • アクセスが少ない
  • 収益が少ない
  • 何を書いていいか分からない

私も3つの悩みすべてを持っていました。

 

ブログを続けるコツ

友達や家族に反応をもらう

ブログのPVが少ないうちは、友達や家族に意見を聞いて、誉めてもらったりすると頑張る気力をもらえます。

 

身内だけしか読んでいる人がいないのは悲しいけど、

「ブログ分かりやすいね」「あの記事よかったよ」と反応を貰えるのはとても嬉しいです。

 

ブログは2~3か月懸命に続けていれば、必ず身内以外の人が読んでくれるようになるから、それまでは身内に心を支えてもらうのがおすすめです。

 

自分のためと割り切って更新する

誰もブログを読んでくれないと、「何のためにブログを更新しているのだろう」と虚しくなることもあります。

そんな時は、「自分のために更新してるんだよ!」と割り切ってみてはいかがでしょうか。(笑)

 

例えば、私は料理のレシピの記事は、「自分が今後また作る時のためにメモしておく!」くらいの気持ちで書いているし、

 

侠飯(おとこめし)4巻~柳刃流ちゃんちゃん焼き作ってみた~

2017.12.18

 

登山の体験談の記事は、「また同じ山に登る時に、バス料金やアクセスがすぐわかるように」くらいの気持ちで書いています。

 

【夏山登山開幕!】GWに平標山に登ったけど体ボロボロ(日帰り登山)

2018.05.08

 

はい、自分のためです。(笑)

 

あとは、誰も読んでくれなくても、自分が読んでみて「え?この記事素敵じゃね?」と思える記事を書くことを心がけています。

 

(例えば、この記事はキーワード的に検索してたどり着くような記事じゃないけど、自分が読んでて「好きだ―!」って思える記事です。(笑))

 

登山が教えてくれた人生に大切な5つのこと

2018.01.07

 

ハシビロコウ先輩
自己満って大切だ

 

ここまでのまとめ
  • アクセスが少ない内は、家族や友達にブログの感想を貰ってモチベーションを保つ
  • アクセスが少ない内は、「自分のためにブログを書いている」と割り切る

 

収益という結果より過程を楽しむ

「収益がでたからブログ楽しい」という人は、ブログが楽しいのではなくお金を稼げたから楽しいのであって、「それ、ブログじゃなくても良くね?」って思います。

 

「収益たくさん出たブログ楽しい~!」という人が途中で更新しなくなって、「本当に自分がやりたいことを探しています」と迷ったりすることもあるから、

収益が出ればブログが続けやすくなるわけでもなくて、

やっぱりブログを書くこと自体を楽しめないと続けることは難しいですよね。

 

ブログを書いていて楽しくないのであれば、正直ブログはやめてユーチューブとかインスタグラムとか他の可能性を考えた方がいいと思います。

 

「結果が全て」の考え方をしていると人生がつまらなくなる

2018.05.31

 

ここまでのまとめ
  • 収益以外にブログの楽しみを見いだせない人は、ブログ以外の可能性を考えるべき
  • 収益がでないから×ではなく、ブログを書くこと自体楽しめばいい

 

自分の経験を振り返って記事にしてみる

ブログに「何を書いていいか分からない」という人は、

人のブログを読みすぎたり、書籍で勉強しすぎたりして、自分が書きたいことに自信が持てなくなっているのかもしれません。

 

そんな人は、とりあえず周囲の目やノウハウは無視して、自分が心から「書きたい」と思うことを書いてみてはいかがでしょうか。

 

インターネット上には星の数ほどのお役立ち記事が存在するので、「どんなテーマももう書き尽くされているんじゃ」と感じますが、

自分の過去の経験や感じたことを記事にすれば、あっという間にオリジナルの記事が出来上がります。

 

例えば、私は過去にうつ病になったことを記事にしているのですが、自分が経験したことや感じたことだから、言葉に思いも乗るし、結果として多くの人に読んでもらっています。

 

うつ病の原因はアダルトチルドレン(幼少期のトラウマ)だと言われた話

2018.02.28

 

うつ病の薬を会社のトイレで吐いたあの日【うつ病体験談】

2017.12.13

 

ここまでのまとめ
  • 「ブログに何を書いていいか分からない」と言う人は、人のブログや書籍のノウハウに引っ張られているだけでは?
  • 自分の体験談や感じたことを記事にすれば、自分しか書けないオリジナルの記事になる
  • あなたの体験談を待っている読者は必ずいます!

 

マイペースに更新するのが一番

「ブログが続かない!」理由とブログを続けるコツについてまとめてみました。

焦って何らかの成果を出そうとすると、思い通りに結果が出なくて、続けられなくなることがほとんどではないでしょうか?(何でもそうかも。)

ブログはマイペース運営が一番だと思います。

4歳で、ピアノコンクールで優勝する子供もいれば、60歳過ぎてフライドチキンを広めた人もいるから、人それぞれ進むスピードは違っていいのです。

「いくら頑張っても結果が出なくてブログやめたい!」という人は、リラックスしてブログを書くこと自体を楽しむ考え方にシフトしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!

ABOUTこの記事をかいた人

10年間の会社員生活で、うつ病や婦人科系の病気になり、満を持して退職。「好きなことを仕事にして稼ぐ」を模索中。 登山と動物が大好きで、北海道移住を夢見る。30代旦那さんと2人暮らし。