【大人の趣味】ピアノの発表会の緊張感を想定してインスタライブをしてみた




趣味はピアノ、登山、漫画を読むこと、写真を撮ることKUMAKOです。

ハシビロコウ先輩
趣味はKUMAKOを煽っていくことハシビロコウ先輩です

 

大人の発表会・緊張しい

ピアノ弾くの楽しい!

 

さて、先日インスタライブなるものをはじめてやってみました。顔出しして「いえーい」とかやるやつじゃないですよ、私がそれやってもどこにも需要はないので。(笑)

 

ピアノの演奏をアップしているピアノ専門のインスタアカウントを作っているので、そちらでピアノのライブをしてみました。

 

聴いてくれた人がそんなに多かったわけではないのに、えらい緊張しました

 

実は、今年はピアノの発表会に出ようと思っていて、緊張感に慣れるためにやってみたのです。発表会は5月にあるのですが、いや~不安です!やっぱり出るのやめようかな。(笑)

 

そんな、緊張しいの私がピアノの発表会に出ようと思った理由や、はじめてインスタライブをやってみて感じたことなどを記事にまとめました~!

 

ハシビロコウ先輩
ピアノ好きな人はKUMAKOとピアノ友達になってやってな

 

ピアノ発表会に出ようと思った理由

以前、ブログにも書きましたが、社会人になってまで細々と続けていたピアノをやめた理由は下手すぎてつらかったから

ピアニストでも何でもないのに無駄に自分で自分を追い詰めて、大好きなピアノをやめてしまったんです。(笑)

 

【大人の趣味】10年のブランクを経てピアノ教室に通い始めたって話

2018.07.01

 

なので、ピアノを再開する時に誓ったのが、ストイックになりすぎずピアノを楽しんで続けていこうということ。

 

別に下手でもいいから長く楽しく続けていければいいや!と思って、ピアノを10年ぶりに再開したんです。発表会に出ようなんて気もこれっぽっちもありませんでした

 

発表会緊張するし、大きな失敗したらピアノ自体やめたくなりそうですもん。あえてつらい道に飛び込む必要ないですよね?(笑)

 

でも、、、ピアノを練習しているうちに、やっぱりムクムクと湧いてきちゃったんですよね~。

 

もっと上手くなりたいなって

 

そして、ふと「発表会に出てみようかな~」と思っちゃったんです。

 

私は、知っているんですよね。何か目標を持ってピアノを練習するのとそうでない場合には、上達スピードに雲泥の差があることを

 

発表会に出ると決めると、練習にも力が入ります。

暗譜もするし、より曲の完成度を高めようと懸命に練習します。ピアノ上達のためには、発表会はいいアクセントになるのです。

 

ちなみに私が発表会の曲目に選んだのは、シューマン作曲リスト編曲の『献呈』です。私にとっては難しい曲をなんで選んでしまったのか。

 

まぁ好きだから仕方がない。

 

あ~あ。やっちゃったな~。(笑)

 

ハシビロコウ先輩
やっちゃったってなんやねん

 

インスタライブでピアノ演奏してみた!

ピアノ歴が長いと言っても、ピアノ発表会に最後に出たのは小学生の時かな?もはや昔すぎて記憶も曖昧です。

 

今回の発表会は、200人が入るホールでやるというし、緊張しいの私が緊張しないはずがないです。

 

普通に考えれば、人前に出た瞬間に頭が真っ白になるでしょう。(笑)なので、「何か緊張感に慣れる方法はないかな?」と考え、

 

擬似人前演奏ということで、「インスタライブをやってみてはどうだろう?」という考えに至ったわけです。

 

インスタライブ、自分でも引くくらい緊張

インスタライブはインスタを立ち上げて2ボタンくらいですぐにできちゃう恐ろしい仕組みになっています。

そして、実際、インスタライブをやってみると、自分でも引く位緊張しました

 

「献呈」「愛の夢」「ノクターン9-2」と相変わらず自分を追い詰める選曲をしたのもどうかとは思いましたが(笑)、3曲弾きました。

 

例えば普段だとこれくらい弾けるのですが、(自分で録画してインスタにあげたやつね)

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

kumako15 part2さん(@kumako15part2)がシェアした投稿

 

緊張した中で演奏すると、音は飛ぶは指は鍵盤の上で滑りまくるは・・・普段の5割くらいできればヨシって感じでしょうか?(汗)

 

発表会で緊張しない方法はもはやないと諦めているので、「緊張した中でどれだけ演奏できるか」が大切ですよね。

 

緊張してもある程度弾けるくらいに練習を積み重ねておくしかないわけですね。

 

100回の練習より1回の本番を思い知らされた

不安症の私ですから、本番3ヶ月前とはいえほぼ完璧に暗譜を完了し、先生の前でもほぼ間違えずに弾けるようになっています。

 

でも、インスタライブでは、結構間違えた!

 

「100回の練習より1回の本番」を思い知らされました。練習では、「ここちょっと苦手だな~」と思うところでも、リラックスしているので普通に弾けちゃったりします。

 

でも、緊張している中で演奏すると、苦手な箇所がハッキリと露呈されるのです。(つまり苦手な箇所はサクッと間違える)

 

今回のインスタライブで自分が苦手な箇所と暗譜が十分でない箇所がハッキリと分かったので、また発表会に向けてコツコツと練習していきたいと思います。

 

 

今月もインスタライブやるよ!ピアノサークル参加も

緊張感のある中でピアノ演奏をすると、全然弾けなくなることが判明したので、3月もインスタライブをやる予定です。

 

発表会までは毎月やって、緊張感に慣れなくては。ちなみに、4月にはピアノサークルにも参加する予定です!

 

前からピアノサークルには参加してみたかったのですが、「私のような人間がサークルに参加していいのだろうか?」と思いとどまっていたんですよね。(笑)

 

はじめてのピアノサークルでバリバリ知らない人の前で演奏するので、いい訓練になるでしょう。

でもピアノサークルでの発表は発表会の1ヶ月前。その頃までには、人前でもある程度間違えないで弾けるようになっていたいところです。(汗)

 

まとめ・ピアノ楽しんでやってます

ピアノの発表会の緊張感を想定してインスタライブをしてみたって話でした。発表会の緊張の中自分の力を出すためには、人前で弾く練習を積み重ねるしかないですね。

いや~なんで発表会出るって言っちゃったんだろうといまだに思ったりします。(笑)

でも、発表会でもなければこんなに1曲と向き合うこともなかったよなぁと。そして、「献呈」は大好きな曲なので、何回弾いても飽きないし、いつ弾いても楽しいんですよね。

発表会に出ると決めたから、インスタライブにも挑戦してみたし、ピアノサークルへの参加も申し込めたわけです。

発表会に出るのは、緊張するしいっぱい練習しなくちゃいけなくて大変だけど、私を新しい世界へ連れて行ってくれた決断とも言えるでしょう。(なんて、ちょっと大げさに言ってみました(笑))

さ、またコツコツ練習を頑張っていきたいと思います!そして、発表会では失敗してもいいから、自分が練習してきたことがちゃんと出せるといいなと願っています。

ハシビロコウ先輩
発表会見に行ってやろうか?

(客席にハシビロコウいたら頭から色々吹っ飛ぶからヤメテ)

 

▼10年ぶりにピアノを再開したって話もあわせてどうぞ▼

【大人の趣味】10年のブランクを経てピアノ教室に通い始めたって話

2018.07.01


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!