負のオーラ出してませんか?夫婦関係が上手くいかないのは妻が本音を伝えていないから



スポンサーリンク

旦那さんとの付き合いもかれこれ15年以上になるKUMAKOです。

夫婦関係上手くいかない理由

撮影:KUMAKO

大学生の時からずっと付き合っていて、結婚して、30代になった今が一番仲良しなんじゃないかな?と思える私達。

 

喧嘩もしないし、自分で言うのも何ですが、ラブラブな夫婦で、旦那さんは『お家に帰るのが楽しみ』、私は『旦那さん早くお家に帰ってこないかな』って毎日ワクワクしています。

 

『子供がいないからお気楽でいられるのよ!』って思う人は、まぁそう思っていただいて大丈夫ですが、夫婦関係が上手くいかないという人は、妻が本音を伝えていないからだと、私は思うんです。

 

帰宅恐怖症って何それ!?

最近知ったのですが、世の男性の中には帰宅恐怖症なる恐ろしい病にかかってしまう人もいるのだとか。

 

文字通り、家に帰りたくなくて、無駄に残業したり飲みに行ったりして時間を潰すような行為をしてしまうらしいです。

 

そういえば、私が会社勤めしていた時、40代くらいの男性が『家にいるより職場の机に座っていたい』と言っていたけど、あれは冗談ではなかったのね・・・。

 

ハシビロコウ先輩
家って一番くつろげる場所じゃないんか!?

 

我が家の旦那さんは飲み会をすべて断って家に帰ってくるし、土日は絶対予定入れないし、

逆に『飲みに行ってもいいのに・・・』『友達いないの?』と妻が心配するレベル。

 

ということは、妻である私が、

 

  • 旦那さんに気を使って家事を完璧にこなしている
  • 言いたいことを我慢して旦那さんを立てている
  • 自分が頑張って旦那さんをリラックスさせている

 

のかと言うと。

 

とんでもない

 

逆です、逆。

 

  • 家事をやりたくない時はやらない
  • 言いたいことは沸いた瞬間にすぐ言う
  • 自分の機嫌を取ることを第一に考えている

 

を徹底してやっています。

 

本音を伝えるとはどういうことか?

女性って、自分の言いたいことや気持ちを無意識に抑え込んでいることが多いかもしれません。

 

『もっと私のことを大切にしてほしい』

『もっと夫婦の時間を大切にしたい』

 

とか、可愛い気持ちを持っていても、旦那さんに迷惑がかからないようにと、言葉を飲み込んでしまうこともあるのかも。

 

でも、旦那さんに何か思うことがあれば、その時に率直に伝えるべきです。

 

私がよく言っているのは、

『最近、帰りが遅くて一緒にいる時間が少ないから寂しい!』

『携帯ばかり見てないで私と話しようよ!』

 

とか。何か頼まれごとをしてもやりたくないことであれば、

 

『ごめん疲れているから、それやりたくない』とハッキリ言います。

 

我慢は溜め込むと負のオーラに・・・

旦那さんに対して我慢が溜まると、最終的には負のオーラになり、よどんだネガティブなエネルギーが妻を取り巻きます。(笑)

 

しかも、本音が沸いてきた時にすぐに言えばそれで終わるのに、言わずに我慢して溜め込んでいくと本音が歪んできてしまいます

 

『もっと私のことを大切にしてほしい』という可愛い本音が、

 

『○○さんの旦那さんは育児も家事ももっとやっているのよ!』という正しさを振りかざすような言葉に変換される。

 

もっと怖いのは、

 

『ねぇ、あなた、私が何に怒っているか分かっているの?』と始まるアレです。

 

(たぶん、だいたいの女性はやらかしているはず・・・(笑))

 

家庭内がこんな雰囲気になったら、そりゃ旦那さんも家に帰りたくないですよね。私が男性だったら、怖くて帰りたくなくなります。

 

男性はバカだけど器は大きい

残念ながら、大多数の男性はバカです。女性の気持ちを察するとか、女性が言われたい言葉を言うとか、基本的にできません。

 

(できる男性はめっちゃモテ男のはず。)

 

だから、『ねぇ、あなた、私が何に怒っているか分かっているの?』と言われても、

 

キョトン

 

です。

 

 

妻がやべーぞと思って、とりあえず『ごめんなさい』と謝ってみても、

 

『本当に悪いと思っているの!?』ってなります。(笑)

 

でも、男性は妻が何で怒っているのか本当に分からないし、どうすればいいのか分からない。

 

その状況で妻の方が、『普通の家庭ではもっと家事を手伝ってくれる』とか『毎日飲み会に行くのはおかしい』とか、正しさを振りかざしてきたら、さぁ大変。

 

旦那さんの方もカチンと来て、『俺だって仕事一生懸命頑張っているんだよ!』とか『俺の会社ではみんな飲み会に毎日行ってる』と、正しさの応酬が始まります。

 

『もっと私のことを大切にしてほしいなぁ』『一緒にいる時間が少なくて寂しいニャン(?)』と本音の方を言っておけば、

 

『まったくしょうがない奴だな、俺がいないとダメなんだから』くらいに思って丸く収まったかもしれないのに。

 

 

旦那さんに本音を言うのが怖いという人もいると思いますが、男性は器が大きいので大丈夫です。

 

『もっと一緒にいたいから早く帰ってきて』と妻の方が旦那に言われたら、『私だって頑張っているのよ!』と思ってしまうところですが、逆であれば、旦那さんは『じゃあできる限り早く帰れるようにするね』と考えてくれるはず。

 

男性は、女性より器が大きい人種だと思っているので。

 

だから本音を伝えても受け止めてくれるし、わがままを言っても嬉しそうにニコニコしていてくれます。そこが男性のすばらしさなんですよね。

 

まとめ

言いたいことを我慢してしまう癖のある人は、そもそも自分の本音をしっかりキャッチするところから始めてみましょう。

我が家は、私が本音を言うようになってからより夫婦仲がよくなりました。

本音を我慢してストレスをためて、あとから旦那さんにイライラをぶつけるくらいなら、その場ですぐに言っちゃいましょう。きっと旦那さんは受け止めてくれるはずですよ。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

シェアしてくれたら嬉しいです!